18:22 2018年09月23日
ビデオクラブ

ブルックリン発 ジャイロスクーターをアーティストが開発

ビデオクラブ
短縮 URL
0 01

米ニューヨーク・ブルックリン区デビッド・ヘンリー・ノーバディー・ジュニア(David Henry Nobody Jr)さんがジャイロスクーター「human weeble wobble」を開発した。動画から伺えるところ、ジャイロスクーターはコンクリート製の半球と半球面から飛び出した金属製のロッド。ロッドに付けられた足場に人間が乗ると、半球が360度に大きく揺れる。デビッドさんが自らコメントするところ、この道具に乗ることはそれほど簡単ではなく、力がいる。それに加えて、動画の最後にはデビッドさんが近づいてきたバスにぶつかりかけた様子が映っている。そのためデビッドさんは、自身の安全には各人が気をつける必要があると強調する。

コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント

ビデオをもっと見る