07:56 2018年12月15日
ビデオクラブ

8時間連続ドリフト走行でギネス更新 走行中の給油という奇策

ビデオクラブ
短縮 URL
220

BMWのドライビング・インストラクター、ヨハン・シュヴァルツさんが連続ドリフト走行でギネス記録を更新した。シュヴァルツさんはBMW M5に乗って連続8時間、円形サーキットをドリフトし続けた。

  ドリフト走行はタイヤを意図的に滑らせ斜めに車を操る走行技術で、現在ではモータースポーツの一種となっている。モータースポーツとしてのドリフト走行の起源は日本にあるが、今日では米、ロシア、欧州、オーストラリアなど海外でも大会が盛んに行われている。

  8時間走行を実現するため、走行中に給油する特別なシステムを考案。シュヴァルツさんが運転する車と並行して、給油タンクを備えたもう1台の車がドリフトし、窓から身を乗り出したスタントマンが、給油ホースをシュヴァルツさんの車の給油口に差し込んで給油するというアイデアだ。

  計8時間、距離にしておよそ374キロを停車せずにドリフト走行し続けるために、5回給油が行われた。

  以前の記録は2017年、ジェシー・アダムスさんによって樹立。アダムスさんの踏破距離は210キロ少なかった。アダムスさんは途中で給油する方法を取らず、予備の燃料タンクを予め搭載することで、6時間ドリフト走行を続けたのだ。

 

コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント

ビデオをもっと見る

  • 冬なんかどこかへ行ってしまえ! アヒルたちが初めて雪の上へ、直後に逆戻り
    アップデート: 2018年12月14日 20:17
    2018年12月14日 20:17

    冬なんかどこかへ行ってしまえ! アヒルたちが初めて雪の上へ、直後に逆戻り

    「laney」と名乗る女性ツイッターユーザーが、自ら飼育しているアヒルたちをフォロワーに公開しようと決めた。このアヒルたちは今年、雪の上に初めて出て来なければならなくなった。だが、何かが予定通りには進まなかったようだ。開いている飼育小屋の扉から出てきたアヒルたちは、辺りを見回した後、まるで号令でもかけられたかのように一斉に向きを変え、元の場所へ立ち去っていく。

  • まるでプリンター たくさんの色紙に手形を押す力士たち
    アップデート: 2018年12月14日 08:48
    2018年12月14日 08:48

    まるでプリンター たくさんの色紙に手形を押す力士たち

    日本相撲協会が公式ツイッターに、たくさんの色紙に力士たちが手形を押している様子を収めた動画を投稿した。手形は幸運のお守りとされているため、力士による手形押しは有名な伝統となっている。それにもかかわらず、大部分の人々にとって、このような伝統を目にしたのは初めてで、リズミカルに手のひらが、まず朱肉に、その後で色紙に押し当てられる様子そのものに、人は思わず見とれてしまう。

  • やっちゃった… お料理を取り落としたお相手は事もあろうにスウェーデン科学アカデミー会長
    アップデート: 2018年12月13日 20:04
    2018年12月13日 20:04

    やっちゃった… お料理を取り落としたお相手は事もあろうにスウェーデン科学アカデミー会長

    12月10日、ストックホルムでノーベル賞の授賞式が行われた。受賞者のそろったにぎにぎしい晩餐会で大爆笑な出来事が起きてしまった。参列者にお食事を配るウェイターが突然頭にかゆみを覚えて掻いたとたん、お盆に載っていた食べ物が転がり落ちてしまった。こともあろうにスウェーデン科学アカデミー会長のお背中に…。

  • 豪州のおばあちゃん 102歳で世界最高齢スカイダイビング記録を樹立
    アップデート: 2018年12月12日 09:35
    2018年12月12日 09:35

    豪州のおばあちゃん 102歳で世界最高齢スカイダイビング記録を樹立

    オーストラリア在住の101歳のイレン・オシアさんは世界最高齢のスカイダイバーの記録を樹立した。このスカイダイビングはイレンさんにとっては人生で3度目。ところがイレンさんはこれで止めるつもりはない。