05:34 2018年09月22日
ビデオクラブ

8時間連続ドリフト走行でギネス更新 走行中の給油という奇策

ビデオクラブ
短縮 URL
220

BMWのドライビング・インストラクター、ヨハン・シュヴァルツさんが連続ドリフト走行でギネス記録を更新した。シュヴァルツさんはBMW M5に乗って連続8時間、円形サーキットをドリフトし続けた。

  ドリフト走行はタイヤを意図的に滑らせ斜めに車を操る走行技術で、現在ではモータースポーツの一種となっている。モータースポーツとしてのドリフト走行の起源は日本にあるが、今日では米、ロシア、欧州、オーストラリアなど海外でも大会が盛んに行われている。

  8時間走行を実現するため、走行中に給油する特別なシステムを考案。シュヴァルツさんが運転する車と並行して、給油タンクを備えたもう1台の車がドリフトし、窓から身を乗り出したスタントマンが、給油ホースをシュヴァルツさんの車の給油口に差し込んで給油するというアイデアだ。

  計8時間、距離にしておよそ374キロを停車せずにドリフト走行し続けるために、5回給油が行われた。

  以前の記録は2017年、ジェシー・アダムスさんによって樹立。アダムスさんの踏破距離は210キロ少なかった。アダムスさんは途中で給油する方法を取らず、予備の燃料タンクを予め搭載することで、6時間ドリフト走行を続けたのだ。

 

コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント

ビデオをもっと見る