10:13 2018年09月21日
ビデオクラブ

放棄された町を自然が飲み込む 英ポップグループ、チェルノブイリでMV撮影

ビデオクラブ
短縮 URL
110

英国のポップグループ「スウェード」が、自らの新曲「Life Is Golden」のミュージック・ビデオを、チェルノブイリ原発から至近距離にあるウクライナのプリピャチ市で撮影した。同原発では1986年に事故が発生し、事故後に地元住民はこの領域を去り、領域は自然の力に委ねられた。

監督はマイク・クリスティー氏が務め、自らによるミュージック・ビデオの意図について以下のように説明している。「問題は、これほどの年月が経過した過去に起こった悲劇や大惨事だけにあるのではない。問題は、人々が立ち去った景観を飲み込んだ、生命の抑えがたい力にあるのだ」。

タグ
自然, 音楽, チェルノブイリ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント

ビデオをもっと見る