13:49 2018年11月18日
ビデオクラブ

まるで土の毛布の下で巨人が眠り込んだよう カナダの森で地面が「呼吸」を始める

ビデオクラブ
短縮 URL
0 152

カナダのケベック州にある森で、地面が「呼吸」を始めた。まるで、土でできた毛布の下に巨人が隠れたかのようだ。ある目撃者が、このびっくりさせるような現象を動画で撮影し、森でいったい何が起きているのか説明してもらおうと、テレビ局「ウェザー・ネットワーク」に問い合わせた。

スプートニク日本

インターネットユーザーらは、木々の下の地面がまるで実際に呼吸しているかのような様子を観察して、様々な憶測をし始めた。これは他でもない、長い眠りから覚めつつある古代のドラゴンであるとの推測もあった。一部のユーザーは、これが本物のゴジラであると考え、一方、ある人はポケモンのゼニガメに例えさえした。

だが、この現象の原因は、はるかに謎めいていないものであることが分かった。大雨の際、土壌が非常に多くの水分を含むようになり、そのため、土壌が木々の根をもうそれほどしっかりとは支えられなくなる。これが原因となり、風が強く吹いた時には、揺れ始めた木々の先端が自分の根をも引っ張るのだ。もし風がより強くなれば、木が倒れる可能性もある。

タグ
自然, カナダ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント

ビデオをもっと見る