10:31 2019年11月15日
ビデオクラブ

と殺されなかったのは大きすぎたから 豪州で巨大牛が悠々自適

ビデオクラブ
短縮 URL
160
でフォローする

豪州のある牧場にどんなと殺場からも拒否された雄牛のニッカーズくんが暮らしている。白地にぶちの、この雄牛は193センチの巨体にまで成長してしまった。他の仲間たちと一緒に歩くニッカーズくんは本物の巨人に見える。

スプートニク日本

牧場主のジェフ・プルソンさんは生後1年のニッカーズくんを買ったとき、この子は群れを率いる存在になるだろうとは期待したという。なぜなら同じ年齢の牛に比べ、ニッカーズくんはずっと大きかったからだ。でも、まざかここまでのサイズに成長するとは誰も想像もしなかった。

これだけ大きな牛をと殺するのはあまりにも大変に違いないと、業者はこぞって拒否した。ニッカーズくんは今や何も恐れることない悠々自適生活を送っている。健康状態も申し分ない。プルソンさんはニッカーズくんは命のある限り、牧場で平和に暮らせると約束している。

タグ
動物, オーストラリア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント

ビデオをもっと見る