20:12 2018年12月17日
ビデオクラブ

と殺されなかったのは大きすぎたから 豪州で巨大牛が悠々自適

ビデオクラブ
短縮 URL
160

豪州のある牧場にどんなと殺場からも拒否された雄牛のニッカーズくんが暮らしている。白地にぶちの、この雄牛は193センチの巨体にまで成長してしまった。他の仲間たちと一緒に歩くニッカーズくんは本物の巨人に見える。

スプートニク日本

牧場主のジェフ・プルソンさんは生後1年のニッカーズくんを買ったとき、この子は群れを率いる存在になるだろうとは期待したという。なぜなら同じ年齢の牛に比べ、ニッカーズくんはずっと大きかったからだ。でも、まざかここまでのサイズに成長するとは誰も想像もしなかった。

これだけ大きな牛をと殺するのはあまりにも大変に違いないと、業者はこぞって拒否した。ニッカーズくんは今や何も恐れることない悠々自適生活を送っている。健康状態も申し分ない。プルソンさんはニッカーズくんは命のある限り、牧場で平和に暮らせると約束している。

タグ
動物, オーストラリア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント

ビデオをもっと見る

  • 冬なんかどこかへ行ってしまえ! アヒルたちが初めて雪の上へ、直後に逆戻り
    アップデート: 2018年12月14日 20:17
    2018年12月14日 20:17

    冬なんかどこかへ行ってしまえ! アヒルたちが初めて雪の上へ、直後に逆戻り

    「laney」と名乗る女性ツイッターユーザーが、自ら飼育しているアヒルたちをフォロワーに公開しようと決めた。このアヒルたちは今年、雪の上に初めて出て来なければならなくなった。だが、何かが予定通りには進まなかったようだ。開いている飼育小屋の扉から出てきたアヒルたちは、辺りを見回した後、まるで号令でもかけられたかのように一斉に向きを変え、元の場所へ立ち去っていく。

  • まるでプリンター たくさんの色紙に手形を押す力士たち
    アップデート: 2018年12月14日 08:48
    2018年12月14日 08:48

    まるでプリンター たくさんの色紙に手形を押す力士たち

    日本相撲協会が公式ツイッターに、たくさんの色紙に力士たちが手形を押している様子を収めた動画を投稿した。手形は幸運のお守りとされているため、力士による手形押しは有名な伝統となっている。それにもかかわらず、大部分の人々にとって、このような伝統を目にしたのは初めてで、リズミカルに手のひらが、まず朱肉に、その後で色紙に押し当てられる様子そのものに、人は思わず見とれてしまう。

  • やっちゃった… お料理を取り落としたお相手は事もあろうにスウェーデン科学アカデミー会長
    アップデート: 2018年12月13日 20:04
    2018年12月13日 20:04

    やっちゃった… お料理を取り落としたお相手は事もあろうにスウェーデン科学アカデミー会長

    12月10日、ストックホルムでノーベル賞の授賞式が行われた。受賞者のそろったにぎにぎしい晩餐会で大爆笑な出来事が起きてしまった。参列者にお食事を配るウェイターが突然頭にかゆみを覚えて掻いたとたん、お盆に載っていた食べ物が転がり落ちてしまった。こともあろうにスウェーデン科学アカデミー会長のお背中に…。

  • 豪州のおばあちゃん 102歳で世界最高齢スカイダイビング記録を樹立
    アップデート: 2018年12月12日 09:35
    2018年12月12日 09:35

    豪州のおばあちゃん 102歳で世界最高齢スカイダイビング記録を樹立

    オーストラリア在住の101歳のイレン・オシアさんは世界最高齢のスカイダイバーの記録を樹立した。このスカイダイビングはイレンさんにとっては人生で3度目。ところがイレンさんはこれで止めるつもりはない。