04:20 2019年02月22日
ビデオクラブ

まるで魔法 スケート後に水泳、しかも隣同士の水辺で

ビデオクラブ
短縮 URL
0 10

オランダに住むある若者が、自分の国では冬にどれほど風変わりな天気になることがあるか、皆に示すことにした。文字通り数秒間の間にスケートも、水泳もやってのける様子を収めた動画を公開したのだ!

スプートニク日本

動画では、凍った水面を若者がスケートで滑り、岸に着いて地面を駆け抜け、隣の水辺で水中に飛び込む様子が分かる。

大部分の人々には1つの疑問が湧く。1カ所目の水辺が人間の体重に耐えられるほど凍っているのに、2カ所目は全く凍っていないというようなことが、いったいどうすればあり得るのか、という疑問だ。2カ所目の水辺には、1つの氷片もないのだろうか?

その疑問の答えは、かなり単純なものだ。凍っている方は、実は水量が少なく草が生えた野原であって、その水が非常に速い速度で凍りついたものなのだ。向こう側の景色を見ると、氷の中から突き出ている草が確認できる。一方、反対側には本物の水辺があり、この水辺が凍りつくためには、気温がさらに低くなることが不可欠だ。

関連ニュース

まるで土の毛布の下で巨人が眠り込んだよう カナダの森で地面が「呼吸」を始める

タグ
びっくり, スポーツ, オランダ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント

ビデオをもっと見る