10:30 2020年05月26日
ビデオクラブ
短縮 URL
0 30
でフォローする

29日、沖縄県西表島でロープが巻きついたジンベエザメをダイバーが発見した。ダイバーたちはジンベエザメに寄り添うように泳いでロープを切断した。NHKは、サメの「救出劇」の動画を公開した。

​報道によると、ロープが巻きついているサメを最初に見つけたダイバーの大工泰幸さんは、サメの体長は約7メートルで、体にロープが巻きついており、その一部は体に食い込んでいたと語った。大工さんは近くにいたダイバーたちと協力してサメを助けたという。

大工さんは「ジンベエザメを見たときに『助けて欲しい』と寄ってきたように見えた。ダイバーとして今回、助けることができてよかった」と語った。NHKが報じた。

タグ
動物, 日本, 沖縄
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

ビデオをもっと見る