18:31 2020年08月07日
ビデオクラブ
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

オランダのゲーム開発者ヨルディ・ムスさんは、クリスマスツリーの電飾をデザインし「スネイク」ゲームをするために100時間を費やした。ムスさんの飼っている猫たちにもツリー上で点滅する「スネイク」は大好評で、スネイク捕獲に参加し始めた。

​「スネイク」のツリー版はクラシックスタイルだ。プレイヤーはランダムに現れるポイントを捕まえ、それぞれのポイントが「スネイク」の体長を伸ばす。「スネイク」が自分の身体に触れるとゲームは終了する。

しかし作業中、ムスさんは予想外の困難に直面してしまった。飼っている2匹の猫が絶えずLEDのスネイクを捕まえようとして、ツリーを壊そうとする。そのためムスさんはもう一つマシンを作り、レーザーでツリーを照らし、猫の気を逸らすはめになった。

タグ
オランダ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

ビデオをもっと見る