06:43 2021年04月14日
ビデオクラブ
短縮 URL
0 40
でフォローする

モスクワ動物園で飼育されているパンダ、ようやく積もった雪と新しいツリーに大興奮。全身で喜びを表現しはしゃいでいたら、ツリーから落下。そのついでに枝も何本か折ってしまった。

13日の夜から14日にかけて、ロシアでは旧正月が祝われることをディンディン(丁丁)は知る由もないが、真新しいツリーでどう遊べばいいのかは熟知しているようだ。ディンディンは折った枝を手に取ると、飼育ケージを駆け回り始めた。しかし、手にしたものが笹ではないことに気づくと、雪の上にそっと置くのだった...。

ディンディン(丁丁)とルーイー(如意)の2頭のジャイアントパンダがモスクワ動物園にやってきたのは2019年4月。その2ヵ月後、ケージでの飼育に慣れてきたところでプーチン大統領と習近平国家主席がお披露目式に出席した。この2頭は学術プログラムの一環として中国から貸し出され、今後15年モスクワ動物園で暮らす予定だ。

タグ
動物, モスクワ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

ビデオをもっと見る

  • アップデート: 2021年04月12日 23:35
    2021年04月12日 23:35

    小さな訪問客 小鳥が窓の端をスライディング

    窓の外にふいに現れた小さな訪問客。その際、彼は家主に一芸を披露した。これはお近づきのしるしか、あるいは家に上げてくれというサイン?

  • カササギ
    アップデート: 2021年04月09日 01:19
    2021年04月09日 01:19

    謙虚、それとも生意気? ポテトを1本盗むカササギ

    カラスは人間の食べ物を好む習性があるといわれているが、どんな理由にせよ拾い食いや盗み食いは人間的にはあまりいい気はしない。しかしこの鳥は、律儀にも店に入り、床に落ちているフライドポテトを1本だけ頂戴していくのだ。

  • アップデート: 2021年04月07日 22:41
    2021年04月07日 22:41

    子育ての大変さがわかる? 道路でクマの親子が右往左往

    子育ての本当の大変さは、実際に経験しないと分からないもの。しかし経験しなくとも、走り回る子どもを追いかけ注意する親を見ればその大変さは想像に難くない。それは、このクマの親子を見れば一目瞭然だ。

  • アップデート: 2021年04月07日 00:29
    2021年04月07日 00:29

    日向ぼっこ中のアザラシ 邪魔が入るも動じず

    リラックスタイムを邪魔されるのは誰だって不快なもの。ましてや睡眠中なんてもってのほか。しかしこのアザラシは邪魔が入っても動じず、冷静に対処している。