06:40 2020年09月20日
ビデオクラブ
短縮 URL
0 14
でフォローする

レバノンの首都ベイルートで4日に発生した大規模爆発で、ウエディング撮影中の花嫁を爆風が襲った。その瞬間をカメラマンが捉えていた。

イスラー・セブラニさんは、4日の爆発発生とほぼ同時刻、街中心部のホテルの前でウエディング撮影をしている最中だった。映像には、純白の衣装に身を包み、満面の笑みを浮かべながらポーズを取るセブラニさんが映っている。

しかしカメラが足元のブーケを写した瞬間、爆発は起こった。

カメラはその後も、爆風によって辺り一面にガラス破片が飛び散り、セブラニさんが建物の中へ避難する様子を撮影し続けていた。

米国で医師として働くセブラニさんは、結婚式の準備をするため3週間前にベイルートを訪れていた。

翌日、夫と一緒に現場を再び訪れたセブラニさんはロイター通信の取材で「この日のために準備を重ね、他の女性と同じように結婚する喜びで満ち溢れていた。」と語った。さらに、「ここで起こった爆発については言葉が見つからない。自分は一体どうやって死んでしまうのだろうと考えていた」と心境をつづった。

タグ
事故, 災害, レバノン, 動画
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

ビデオをもっと見る