18:55 2021年09月18日
ビデオクラブ
短縮 URL
0 14
でフォローする

レバノンの首都ベイルートで4日に発生した大規模爆発で、ウエディング撮影中の花嫁を爆風が襲った。その瞬間をカメラマンが捉えていた。

イスラー・セブラニさんは、4日の爆発発生とほぼ同時刻、街中心部のホテルの前でウエディング撮影をしている最中だった。映像には、純白の衣装に身を包み、満面の笑みを浮かべながらポーズを取るセブラニさんが映っている。

しかしカメラが足元のブーケを写した瞬間、爆発は起こった。

カメラはその後も、爆風によって辺り一面にガラス破片が飛び散り、セブラニさんが建物の中へ避難する様子を撮影し続けていた。

米国で医師として働くセブラニさんは、結婚式の準備をするため3週間前にベイルートを訪れていた。

翌日、夫と一緒に現場を再び訪れたセブラニさんはロイター通信の取材で「この日のために準備を重ね、他の女性と同じように結婚する喜びで満ち溢れていた。」と語った。さらに、「ここで起こった爆発については言葉が見つからない。自分は一体どうやって死んでしまうのだろうと考えていた」と心境をつづった。

タグ
動画, レバノン, 災害, 事故
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

ビデオをもっと見る

  • アップデート: 2021年09月15日 22:55
    2021年09月15日 22:55

    恐れ知らずのオーストラリア女性 客間で猛毒ヘビを発見し自ら捕獲

    オーストラリアのニューサウスウェールズ州在住のサラ・カークマンさん(29歳)は、自宅の客間に赤腹の黒い毒蛇が入り込んだため、捕獲するしかなかった。 この出来事を撮影した動画を彼女はTikTokで公開した。

  • 助けたリス ユニコーンのぬいぐるみと激しくじゃれあう
    アップデート: 2021年09月07日 00:15
    2021年09月07日 00:15

    助けたリス ユニコーンのぬいぐるみと激しくじゃれあう

    米イリノイ州に暮らす住民はある日、裏庭で生後3週間ほどの一匹のリスを救出した。バギーと名付けられたリスは手当をうけた後再び自然に戻され、しばらく外で暮らしているが、バギーにはお気に入りのぬいぐるみがあるのだ。

  • ヤギの赤ちゃん、頭が穴にスッポリ 農家が救出
    アップデート: 2021年09月03日 23:58
    2021年09月03日 23:58

    ヤギの赤ちゃん、頭が穴にスッポリ 農家が救出

    広い農場にぽつんと横になるヤギの赤ちゃん。しかしよく見ると、砂だまりに頭がスッポリとはまり、動けなくなっていたのだった。

  • アップデート: 2021年08月31日 22:27
    2021年08月31日 22:27

    大型トラックが踏切で立往生 回避間に合わず列車と衝突

    米オハイオ州で今月半ば、大型トラックと貨物列車の衝突事故が発生した。大型トラックは踏切を渡っていた最中だったが、その大きさから切り返しがうまくいかず踏切内で立往生。そうこうしているうちに遮断機が下り始めたが、遮断機はキャビンと荷台の間に挟まり、完全に動けない状態に。