08:42 2021年04月14日
ビデオクラブ
短縮 URL
0 52
でフォローする

今年8月、「2018 VP1」と名付けられた小惑星が11月に地球に最接近するというニュースが世界中を駆け巡った。しかし、大気圏に突入する確率は1パーセント未満。これといって心配する必要はない。それでも万が一の事態を想定し、来る日に備える企業があった。そう、皆大好きあのクッキーブランド、オレオだ。

「どうやら小惑星が地球に近づいているみたい…。一体、誰がオレオを救ってくれるというの?」すべてのきっかけは、とあるツイッターユーザーのこんなつぶやきだ。

このことを知ったオレオはすぐさま親会社の食品大手モンデリーズ・インターナショナルと企画を立ち上げた。その名も「グローバル・オレオ・ボールト」。

これはノルウェー領スヴァールバル諸島最大の島、ピッツベルゲン島にある「スヴァールバル世界種子貯蔵庫」から着想を得たもの。ここには世界中の種子が集められており、このオレオ版を建設しようという計画だ。

こうして10月22日、ピッツベルゲン島の永久凍土の中についにオレオの地下貯蔵庫が完成。貯蔵庫にはすぐにオレオが運び込まれた。

これで万が一小惑星が地球に衝突し、終末の日が訪れようとも安心。何世代にもわたってオレオが愛され続けるだろう。

タグ
びっくり, ノルウェー, 動画
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

ビデオをもっと見る

  • アップデート: 2021年04月12日 23:35
    2021年04月12日 23:35

    小さな訪問客 小鳥が窓の端をスライディング

    窓の外にふいに現れた小さな訪問客。その際、彼は家主に一芸を披露した。これはお近づきのしるしか、あるいは家に上げてくれというサイン?

  • カササギ
    アップデート: 2021年04月09日 01:19
    2021年04月09日 01:19

    謙虚、それとも生意気? ポテトを1本盗むカササギ

    カラスは人間の食べ物を好む習性があるといわれているが、どんな理由にせよ拾い食いや盗み食いは人間的にはあまりいい気はしない。しかしこの鳥は、律儀にも店に入り、床に落ちているフライドポテトを1本だけ頂戴していくのだ。

  • アップデート: 2021年04月07日 22:41
    2021年04月07日 22:41

    子育ての大変さがわかる? 道路でクマの親子が右往左往

    子育ての本当の大変さは、実際に経験しないと分からないもの。しかし経験しなくとも、走り回る子どもを追いかけ注意する親を見ればその大変さは想像に難くない。それは、このクマの親子を見れば一目瞭然だ。

  • アップデート: 2021年04月07日 00:29
    2021年04月07日 00:29

    日向ぼっこ中のアザラシ 邪魔が入るも動じず

    リラックスタイムを邪魔されるのは誰だって不快なもの。ましてや睡眠中なんてもってのほか。しかしこのアザラシは邪魔が入っても動じず、冷静に対処している。