13:07 2020年11月29日
© Sputnik

米国のロボット開発企業ボストン・ダイナミクス社が開発した四足歩行ロボット「スポット」が、チェルノブイリ立入禁止区域で放射線量を測定する様子を撮影した動画が公開された。

この運用テストは、ブリストル大学の研究チームと放射性廃棄物回収国立専門中央企業の職員らが実施した。

「スポット」は人間と同様に足にカバーを装着すると、チェルノブイリ原子力発電所4号機周辺を探索。また、原発の10キロ圏内にある「赤い森」や放射性廃棄物貯蔵所の「ポドレスヌィ」「ブリャコフカ」で放射線量を測定した。

「スポット」が収集したデータは、同地域の放射線量等分布マップの更新に役立つという。

タグ
ウクライナ, テクノ, ロボット, チェルノブイリ, 動画
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

ビデオをもっと見る

  • 露ウラジオストクで登山家が橋のケーブルを清掃
    アップデート: 2020年11月26日 20:16
    2020年11月26日 20:16

    露ウラジオストクで登山家が橋のケーブルを清掃

    ロシア極東、ウラジオストクのルースキー島と本土を結ぶ「ルースキー島連絡橋」で、登山家によるケーブルに付着した雪氷の除去作業が行われた。

  • プロジェクションマッピングと絵画
    アップデート: 2020年11月25日 00:18
    2020年11月25日 00:18

    絵画から飛び出し動き回る天使 プロジェクションマッピングで実現

    バロック絵画の巨匠、ペーテル・パウル・ルーベンスの絵画から一人の天使が抜け出し、ベルギー・ブリュッセルの空港を飛び回った。まるでファンタジーの世界?と思うかもしれないが、これはプロジェクションマッピングの技術を応用して実現したものだ。

  • アリーナ・ザギトワ選手と愛犬マサル
    アップデート: 2020年11月20日 23:29
    2020年11月20日 23:29

    ザギトワ選手の愛犬マサル、日本の寝具メーカーとオンラインで契約更新

    18年平昌五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワ選手(18)の愛犬マサルが、日本の寝具メーカー「エアウィーヴ」との広告契約を更新した。東京都内で17日に行われた発表会にオンラインで参加したマサルとザギトワ選手の様子を、時事通信がYouTubeに公開した。

  • ロシアの自然保護区でクマが「ダンス」
    アップデート: 2020年11月19日 22:45
    2020年11月19日 22:45

    ロシア自然保護区でクマが「ダンス」

    踊るのが好きなの人間だけではない。動物も時として見事な踊りを披露することもあるのだ。ロシアのレニングラード州にあるニジニ・スヴィルスキー自然保護区でも今夏、ダンスを踊ったクマがカメラに捉えられていた。