21:46 2021年01月16日
ビデオクラブ
短縮 URL
0 80
でフォローする

米国の神経相関学会(Neural Correlate Society)が毎年開催している錯視コンテスト「Best Illusion of the Year Contest」で、日本の明治大学の杉原厚吉研究特別教授の作品が見事1位に選ばれ、優勝した。

作品名は「立体版シュレーダー階段図形」。これは、ドイツの自然科学者シュレーダーが発表した錯視「シュレーダーの階段図形」をもとに作られたもの。シュレーダーの階段は見る角度によって階段を「斜め上から見下ろす」「斜め下から見上げる」ことのできる不思議な図形で、杉原氏はこれに手すりを付けて立体化した。

一番上の段に赤いコーンが置かれた階段をぐるりと回転させると、いつの間にかコーンは一番の下の段へ。

しかしこの階段、実際に段差があるわけではない。階段のように見えていた部分は、ただの「絵」。階段に見えていたのは平面に描かれた模様が原因であることが分かった。

杉原氏によると今回の作品は、立体の絵と本当の立体とを混在させることで、平面である絵の部分も立体と見てしまう脳の振る舞いを調べる実験材料として作ったものだという。

タグ
日本, 動画
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

ビデオをもっと見る

  • ピーナッツとリス
    アップデート: 2021年01月13日 23:12
    2021年01月13日 23:12

    食いしん坊なリスにいたずら ピーナッツが取れず大慌て

    カナダのオンタリオ州パリーサウンドの人里離れた別荘に、足繁く通う一匹のリスがいた。お目当てはずばり食べ物。別荘に住む一家は親切心からこのリスにピーナッツをあげ始めたが、次第にリスの要求はエスカレート。しまいには大声で鳴いてねだるようになったので、一家はちょっとしたいたずらをしかけることに。

  • スペインで犬ぞり
    アップデート: 2021年01月12日 22:58
    2021年01月12日 22:58

    大雪のスペイン 街中に犬ぞりが登場

    今月8日、50年ぶりとなる記録的な大雪を観測したスペイン。人々は街へ繰り出し、その珍しい光景を楽しんでいる。大半の人がスキーや雪合戦に興じる中、首都マドリードでは、雪国でおなじみの「犬ぞり」を使って移動する人が現れた。

  • 網に絡まったイルカの子ども
    アップデート: 2021年01月07日 18:07
    2021年01月07日 18:07

    海釣り中の男性 網に絡まったイルカの赤ちゃんを救出

    ブラジル最大の都市サンパウロの海岸で海釣りをしていた男性が偶然、網に絡まったイルカの赤ちゃんを発見し、救出した。

  • 冷蔵庫から食べ物を盗む猫
    アップデート: 2021年01月06日 23:30
    2021年01月06日 23:30

    食い意地張った猫、冷蔵庫からじゃがいもを強奪

    家で穏やかなひと時を過ごす年の瀬。食卓にはごちそうが並び、食欲が無限に湧いて出てくる。そんな中モスクワでは、食欲旺盛なネコが冷蔵庫に奇襲を仕掛け、食べ物を狙うネコの姿があった。