23:12 2021年04月18日
ビデオクラブ
短縮 URL
0 05
でフォローする

米フロリダ州にて、米ボストンダイナミクス開発の犬型ロボット「スポット」が散歩させられているようすが目撃された。これは新時代の幕開けか、それともロボットによる支配の始まり?

とある日、フロリダ州フォート・ピアースの海岸で撮影された映像。そこには、1人の女性が犬型ロボット「スポット」にリードを着け、桟橋を颯爽と散歩している。

その堂々たる姿に周囲の人々も興味津々だ。スマートフォンを取り出し、珍しい光景をカメラに収めている。そこには数百人の目撃者がいたとされ、またロボット犬に吠えて威嚇する本物の犬も現れたという。

ボストンダイナミクス社はこの「スポット」を約7万5千ドル、日本円にしておよそ817万円で販売している。ペットとしては破格の値段である。

この映像は瞬く間にネット上に拡散。すると「動物保護施設にはたくさん犬がいるというのに、ロボット犬に大金をはたくのは正しいことなのか」「それともこれはロボットによる支配の始まりなのか」というスケールの大きい議論が巻き起こった。

タグ
ロボット, 動画
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

ビデオをもっと見る