01:20 2021年09月26日
ビデオクラブ
短縮 URL
0 41
でフォローする

香川県・直島のシンボルとしても知られる、日本の有名デザイナーの草間彌生さんが手掛けた黄色いカボチャのオブジェ「南瓜」が、台風9号の影響で波にさらわれ、破損してしまったことがわかった。

台風9号は9日午前、広島県呉市に再上陸。香川県高松市では8月の観測史上最大瞬間風速が観測されるなど、西日本を中心に大荒れの天気となった。

そんな中、瀬戸内海・長島のシンボル的存在の「南瓜」が強風と波の影響で倒れている様子が撮影され、ツイッターで話題を呼ぶことに。

オブジェが行方不明になったのでは、と心配する声も上がったが、オブジェの所有者であるベネッセによると、台風9号の影響で作品が破損したため現在は撤去したとのこと。の再展示は改めて告知するという。

「南瓜」は1994年、桟橋の先端部分に設置された高さ2メートル、幅2.5メートルのオブジェ。現在は直島のシンボルとして親しまれており、多くの観光客が訪れるスポットでもある。

タグ
動画, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

ビデオをもっと見る