01:04 2021年09月26日
ビデオクラブ
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

米ネブラスカ州オマハでは先週、大荒れの天気となり、暴風雨の影響で道路が冠水。広範囲で被害が出る中、建物のエレベーターに大量の水が入り込み、乗っていた男女3人が閉じ込められる事態となった。その瞬間を1人が撮影していた。

オマハでは今月7日、猛烈な雨により鉄砲水が発生。市街地の道路でも車が半分浸水するほどの被害が出た。

そんな中、繁華街のアパートにいた撮影者のトニー・リューさんは同日夜、友人2人と洪水被害を確認するためエレベーターで1階まで下りていったという。

しかしエレベーターが1階に到着した瞬間、ロビーから大量の水が流れ込んできた。3人は閉じ込められ、水位はあっという間に上昇。最終的に首元まで浸かるほどまで達した。

友人の女性がスマートフォンで911に通報したものの、3人は結局、自力で扉をこじ開けることに成功。九死に一生を得た。

まるで映画の中の出来事のようだったと語るリューさん。天気が悪い日に出かける際には細心の注意が必要だ。

タグ
動画, 米国, 災害
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

ビデオをもっと見る