11:45 2019年06月25日
ロシア軍とイスラエル軍 シリアにおける行動連携のための作業グループ設立へ

ロシア軍とイスラエル軍 シリアにおける行動連携のための作業グループ設立へ

© Sputnik / Aleksey Nikolskyi
国際
短縮 URL
0 113

ロシアとイスラエル軍は、シリアにおける偶発的な衝突や、その他の出来事が発生する危険性を最小限に抑えるために、「空、海、電磁領域」における行動連携メカニズムの策定を担当する作業グループを設立する。イスラエルの軍事関係者筋が、リア・ノーヴォスチ通信に伝えた。

消息筋によると、モスクワで21日に開かれたイスラエル軍のエイセンコット総参謀長とロシア軍のゲラシモフ参謀総長の会談で、協議の開始が決まったという。

消息筋は匿名を条件に次のように語った-

「参謀本部副司令官を長とした作業グループの設立について合意に達した。同グループは2週間後に初会合を開く。開催場所はまだ不明。これは空、海、そして電磁領域での連携に関するものだ」。

消息筋によると、連携の目的は、両軍の空軍あるいはミサイル防衛システムなどが、誤って互いに損失を与えるような状況を防ぐことにある。

イスラエルのネタニヤフ首相は、連携メカニズム策定に関する合意を、2013年秋以来となるロシアへの電撃訪問の主な成果だと指摘した。

関連:

米国とイスラエル、諜報機関のすれ違い
イスラエル空軍機 パレスチナ戦闘員によるミサイル攻撃への報復としてガザ地区を空爆
ネタニヤフ首相;イスラエルのアラブ系住民に謝罪
タグ
ロシア, イスラエル
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント