20:58 2017年11月21日
東京+ 9°C
モスクワ+ 0°C
    「国境なき医師団」会長-「これは私たちに対する攻撃ではなく、ジュネーブ協定に対する攻撃だ」

    「国境なき医師団」会長-「これは私たちに対する攻撃ではなく、ジュネーブ協定に対する攻撃だ」

    © AP Photo/ Médecins Sans Frontières
    国際
    短縮 URL
    2133036

    アフガニスタンのクンドゥズで国際組織「国境なき医師団」の病院が空爆された事件の調査は、国際的な委員会が行うべきだ。7日、ジュネーブで開かれたブリーフィングで、「国境なき医師団」のジョアンヌ・リュー会長が発表した。

    リュー会長は、「これは私たちに対する攻撃ではなく、ジュネーブ条約に対する攻撃だ」と述べた。リュー会長は事件の調査について、米国による公平な調査には期待できないため、」国境なき医師団」は、国際社会の代表者たちによる委員会の招集を求めると指摘した。

    リュー会長はまた、「我々は、事実の収集に関する国際的な委員会によって調査が行われることを望む」と述べ、これはジュネーヴ諸条約第一追加議定書に規定されているツールだと説明し、「ツールは存在している。これを有効化する必要がある」と指摘し、このメカニズムは1991年から存在しているが、一度も使用されたことはないと語った。

    3日にクンドゥズの「国境なき医師団」の病院が空爆を受けたとき、建物内には約200人がおり、22人が死亡した。

    関連:

    国連、アフガン「国境なき医師団」空爆事件の捜査に米国は参加不可、米国は戦争犯罪と見なされる可能性あり
    米国が「国境なき医師団」病院空爆の罪を認めた
    「国境なき医師団」:クンドゥズの悲劇に関する米国の調査は十分に独立したものではない
    「国境なき医師団」:クンドゥズの病院にタリバンはいなかった
    タグ
    米国, アフガニスタン
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント