17:40 2019年12月07日
プーチン大統領、「ロシアは米国に門を閉ざさず、米国民の信任の大統領と作業をする」

プーチン大統領、「ロシアは米国に門を閉ざさず、米国民の信任の大統領と作業をする」

© Sputnik / Ramil Sitdikov
国際
短縮 URL
0 290
でフォローする

プーチン大統領は、ロシアは米国に対して門を閉ざしたことは一度もなく、米国民の選ぶいかなる大統領とも作業を行なう構えであることを明らかにした。

「米国の新大統領に関してだが、まず誰がなるのかを知らねばならない。だがいずれにせよ、誰になろうと、我々は対米関係の拡大を図る構えであり、これを望んでおり、先日の米国務長官の訪問は、概して米国側も、共に取り組まねば絶対に解決できない問題を共に解決する方向に進む構えであることを示したと私は考えている。」プーチン大統領は17日の年次大記者会見でこう語った。

プーチン大統領は、ロシアは米国に対して一度も門を閉ざしたことはなかったと強調。「(ロシア)国内で何をすべきか、誰を選出し、誰を選出すべきではないか、どんなプロセスで行なうべきか、ここで常に我々に教えようとしてきたのは米国のほうだ。我々のほうでは決してそれを行なうことはなかった。向こうに口を出すこともない。そんなことは危険だ。我々はオープンであり、米国民が票を投じるいかなる大統領とも作業を行なって行く」と付け加えた。

関連:

ケリー米国務長官、米国は露孤立化政策を行なっていない
ケリー国務長官、プーチン大統領に対し「米国はロシアの協力に感謝している」と発言
タグ
ウラジーミル・プーチン
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント