20:43 2017年03月25日
東京+ 9°C
モスクワ+ 2°C
    ウィキリークス:NSAは国連事務総長、メルケル首相、ベルルスコーニ氏、サルコジ氏を盗聴していた

    ウィキリークス:NSAは国連事務総長、メルケル首相、ベルルスコーニ氏、サルコジ氏を盗聴していた

    © Flickr/ Steve Jurvetson
    国際
    短縮 URL
    51722230

    米情報機関による活動の暴露などで知られる内部告発サイト「ウィキリークス」は23日、米国家安全保障局(NSA)が世界の主要な指導者たちを盗聴していたことを証明する機密文書を再び公開した。

    ウィキリークスの文書の短評では、NSAが国連のパン事務総長とドイツのメルケル首相の会談、イスラエルのネタニヤフ首相と元イタリア首相のベルルスコーニ氏との会談、また当時フランスの大統領だったサルコジ氏とメルケル氏そしてベルルスコーニ氏との会談を盗聴していたと伝えられている。

    その他にも、EUと日本の貿易担当大臣による世界貿易機関(WTO)に関するやり取りも記録された。

    複数の文書は、「かつてメディアが公開した中で最高レベルの機密性」を持っている。

    タグ
    ウィキリークス, NSA
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント

    全てのコメント

    • avatar
      ohasirasama
      今更の暴露は遅い気もするけどね
    • 稲美 弥彦
      ウィキリークスはどう見ても自演機関としか見えません。
      普通なら偉大なる内部告発者スノーデンみたいにロシアに逃げてしまうから常識的にアメリカに残ること自体が有りえないからです。
      それに、ネタニヤフ、メルケル、ベルルスコーニ、潘基文事務総長は何れもアメリカの配下の連中ばかりだし、AIIBだって中身はアメリカを中国に変えただけのTPPだからアメリカに取っては脅威にならない事は証明済み。(実際にアメリカ支配下の国の参加率が異様に高く、イスラエルやサウジアラビアが加盟している。)
      アメリカに取って脅威なのはBRICS開発銀行、ロシアとイランの新銀行である。
      BRICS開発銀行は、AIIBと違って欧米にとっては脅威になるのは明白だから、この銀行こそ新時代の銀行に相応しい。
    新しいコメントを読む (0)