11:07 2018年09月25日
ウィキリークス:NSAは国連事務総長、メルケル首相、ベルルスコーニ氏、サルコジ氏を盗聴していた

ウィキリークス:NSAは国連事務総長、メルケル首相、ベルルスコーニ氏、サルコジ氏を盗聴していた

© Flickr/ Steve Jurvetson
国際
短縮 URL
5240

米情報機関による活動の暴露などで知られる内部告発サイト「ウィキリークス」は23日、米国家安全保障局(NSA)が世界の主要な指導者たちを盗聴していたことを証明する機密文書を再び公開した。

ウィキリークスの文書の短評では、NSAが国連のパン事務総長とドイツのメルケル首相の会談、イスラエルのネタニヤフ首相と元イタリア首相のベルルスコーニ氏との会談、また当時フランスの大統領だったサルコジ氏とメルケル氏そしてベルルスコーニ氏との会談を盗聴していたと伝えられている。

その他にも、EUと日本の貿易担当大臣による世界貿易機関(WTO)に関するやり取りも記録された。

複数の文書は、「かつてメディアが公開した中で最高レベルの機密性」を持っている。

タグ
ウィキリークス, NSA
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント