10:27 2017年12月13日
東京+ 7°C
モスクワ+ 2°C
    前フランス大統領

    サルコジ元仏大統領:ロシアと口論するのは大きな間違い

    © Sputnik/ Igor Liliev
    国際
    短縮 URL
    590

    フランスの元大統領で同国最大野党の指導者、ニコラ・サルコジ氏は、ロシアの参加なしにシリア危機を脱出することはできない、と述べた。

    「私はヨーロッパとロシアは協力すべきであると信じている。ロシアの参加なしにシリア危機への解決策が見つかることはないと確信している」。サルコジ氏がテレビ「iTele」のインタビューで語った。

    氏はまた、ロシア軍がシリア空爆を始めたとき、多くの識者が非難を行ったが、プーチン大統領がロシア軍の撤退を宣言したとき、同じ識者がこの決定を非難した、と指摘した。

    「ロシアと口論するのは大きな間違いだ。ロシアはダーイシュ(IS、イスラム国、ロシアでは活動が禁止されている組織)との闘いに必要なのだ」とサルコジ氏。

    月曜、プーチン大統領は、ロシア軍は目標を達成したため、3月15日にシリアからの撤退を開始する、と発表、国防省指導部にしかるべき支持を与えた。

    関連:

    ロシア外務省「シリア連邦化交渉についての報道はたわごと」
    タグ
    フランス, シリア, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント