09:15 2018年09月19日
2016年11月チェルノブィリ原発 新たな巨大石棺で覆われる

2016年11月チェルノブィリ原発 新たな巨大石棺で覆われる

© Sputnik / Sergey Starostenko
国際
短縮 URL
190

今から30年前に大事故を起こしたチェルノブィリ原発の第4号炉は、今年11月に新たな防護シェルター、石棺により覆われる計画だ。同原発の所長が明らかにした。

事故後、爆発したチェルノブィリ原発4号炉の上には、いわゆる「石棺」が作られたが、ここ数年この「シェルター」の損傷が徐々に進んでいた。ウクライナ当局は、チェルノブィリ原発を、新たな防護覆い「シェルター2号」(confinement;閉じ込めるもの)を作ることで、安全なものにしたいと望んでいる。新しいシェルターは、高さ105メートル、幅260メートルのアーチ状建造物となり、老朽化した「シェルター1号」をさらに上から覆う。

「シェルター2号」の建設は、本来2015年に終了する予定だったが、ウクライナ側の説明では、資金不足により工事が遅れていた。

タグ
原発
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント