23:02 2018年09月25日
北朝鮮 軍事境界線の北側にソウルを射程内に収めるロケット砲を配備

北朝鮮 軍事境界線の北側にソウルを射程内に収めるロケット砲を配備

© Sputnik / Pavel Lisitsyn
国際
短縮 URL
330

北朝鮮は、軍事境界線の北側に新型のロケット砲約300門を配備した。聯合ニュースが韓国政府筋の話として伝えた。

聯合ニュースが消息筋の話として伝えたところによると、北朝鮮軍は2014年から境界線付近に射程約40キロの口径122ミリの新型ロケット砲を配備し始め、これまでに計300門を配備したという。

また聯合ニュースは、「122ミリロケット砲は発射管が30個と40個の2種類があり、30個のロケット砲300門を同時に発射すると約9000発が韓国の領土に落下する。新型は2010年の延坪島砲撃事件の際に使われたものより砲身が長くなり、射程も約2倍となった」と報じた。

また聯合ニュースによると、北朝鮮の開城近くから発射した場合、「ソウル近郊の京畿道北部やソウル市内の青瓦台(大統領府)付近、仁川の松島まで射程に入る」という。

関連:

聯合通信:北朝鮮、潜水艦から弾道ミサイル発射
タグ
北朝鮮
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント