11:50 2018年07月16日
米国、広島原爆投下の決定は見直さない

米国、広島原爆投下の決定は見直さない

© REUTERS / Toru Hanai
国際
短縮 URL
4017

米国はオバマ大統領の広島訪問に関して、広島への原爆投下の決定を見直すつもりはない。ベン・ローズ大統領第1副補佐官はこうした声明を表した。ローズ氏は国家安全保障、主要外交問題で鍵を握る人物。

「我々は第2次世界大戦末期に原爆を使用した決定を見直すことはない。」ローズ氏はポータル「メディウム」の中の自身のブログにこう書いた。

ローズ氏はさらに、米国は「共同の未来コンセプト」を提案していると書く一方で、オバマ大統領の広島訪問は「戦争のもたらす悲惨で破壊的人的損失を示すだろう」とも書いている。

ホワイトハウスは9日、オバマ大統領は5月末の訪日の際に広島も視察する事を明らかにした。これによってオバマ氏は、1945年の原爆投下後、広島を訪れる最初の米大統領になる。

タグ
日米関係, バラク・オバマ, 米国, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント