08:20 2020年07月08日
国際
短縮 URL
5879
でフォローする

Microsoft社は、Windows 10へのアップグレードを拒否する最後の可能性を「削除」した。

同社は、自分のユーザーがWindows 10へアップグレードすることを余儀なくさせているが、今度は、更新への提案が、今までよりもはるかに執拗なものとなった。WCCFTechが伝えた。

特に、Microsoft側は、Windows 7 と Windows 8.1の利用者のもとにある、定期的に表示されるダイアログボックスの「閉じる」ボタンを削除してしまった。そのため利用者は、そもそも、アップグレードを拒否できない状態にある。

パソコン利用者は「今すぐインストール」あるいは「あとで選択」のどちらかをクリックする以外にない。おまけに、H付け変更は一度しかできないように設定されている。

タグ
Microsoft
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント