18:35 2018年10月15日
すべてのバージョンのWindowsに致命的な脆弱性が見つかる

すべてのバージョンのWindowsに致命的な脆弱性が見つかる

© AFP 2018 / JUNG YEON-JE
国際
短縮 URL
0 410

OS「Windows」のすべてのバージョンに致命的な脆弱性が見つかった。ハッカーが被害者のネットワークトラフィックを横取りできるというものだ。サイト「Habrhabr」内のポジティブ・テクノロジーズ社のブログで報告された。

それによると、テンセント社の一部門である「Xuanwu Lab.」が「バッド・トンネル」と呼ばれるウィークポイントを発見した。「システムの更新ダウンロードおよび証明書のリスト取得プロセスに干渉」しうるものだという。既存のすべてのバージョンに関わる問題だとのこと。

攻撃が行われるためには、潜在的な被害者はリンクを開くよう勧められる。それは悪質サイトのアドレスかもしれないし、フォルダまたはドキュメントのアドレスかもしれない。

こうした脆弱性は、1999年、2007年、2012年と、過去にも発見されている。

先に伝えられたところによると、米カリフォルニアに住む女性が、Windows の自動更新でマイクロソフト社を訴え、1万ドルの賠償金を受け取ることになった。

コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント