01:57 2020年10月31日
国際
短縮 URL
108
でフォローする

フランス軍諜報部長クリストフ・ゴマル氏は、ブラジル出身のイスラム過激派戦闘員がリオデジャネイロ五輪のフランス代表団へのテロを計画していたと述べた。

「パートナー機関」から得た情報だという。これ以上の詳細は伏せられた。
先に国連テロ対策総局(CTED)執行代表で国​​連事務次長補ジャン=ポール・ラボルド氏は、リオデジャネイロの五輪期間中テロが行われる脅威は高いままであり、ブラジル当局は追加的に29億レアル(約8億5000万ドル)を投じて治安強化を図る、と発表した。
先に伝えられたところによると、ブラジルには金はなし、聖火リレー参加者は自分で松明を買って走って。

タグ
五輪, テロ, ブラジル, フランス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント