12:08 2017年08月18日
東京+ 27°C
モスクワ+ 18°C
    若きブラジル人、セックス五輪優勝を夢見る

    若きブラジル人、セックス五輪優勝を夢見る

    © REUTERS/ Pilar Olivare
    国際
    短縮 URL
    0 520515

    16年度リオ五輪は、スポーツ選手と来訪者だけでなく、ブラジル人にとっても大きなイベントだ。特に五輪を待っていたのは、若くて魅力的な、彼らがデリケートに呼ぶところのエスコートサービスに努める女性たちだ。このサービスはブラジルでは合法である。

    彼女たちは強く裕福な外国人に出会い、彼女たちを好きになり母国に連れて帰ることを夢見ている。

    「大きな金が手に入るこのような可能性は人生に1度しか降ってこない。」と、リオ在住の、ジュリアンという名前で高級なセクシーなサービスで働く女性が断言した。この23歳の女性は英紙デイリーメールに、世界中からうらやましがられるような数千の男性がやってくる五輪は、彼女と多数の同僚にとって長年待ち望まれた時だと述べた。

    同紙によると、ブラジルでは約1万2000人が風俗業界で働いているという。その中には、全世界の顧客を基盤としたハイクラスのプロも少なくない。彼女たちは、五輪の来訪者を魅惑するいい機会が訪れたと考えている。五輪には約40万人の外国人が訪れ、その多くはもちろん、平均以上の収入を持つ。

    「私は自分のビジネスで「金メダル」を獲得したい。けれど競争は激しい」とジュリアンさんは心配する。彼女は、ブラジルではエスコートサービスに務める女性は見下されないと説明し、次のように述べる。

    西側の人には理解しづらいでしょうが、ここではこれは他のあらゆる仕事同様の仕事です。」

    ジュリアンは、暴力的傾向のある地元の客とは違う西側諸国の顧客を好む。西側からの客は、ブラジル人女性と過ごした時間を、ロマンチックな性的冒険のように捉える。

    「けれど全ての女性はまさにスポーツ選手を捕まえることを願っている」とジュリアンさんは述べる。なぜなら、アスリートは「素敵でしかもお金を持っている人」だと考えられているからだ。

    先に伝えられたところによると、ブラジルのスーパーモデル、ジゼル・ブンチェン(36)がリオ五輪開会式で最後のランウェイを披露した。

    関連:

    リオ五輪参加者に記録的な数量のコンドーム配布
    米市長、セックスと麻薬交換の容疑で逮捕
    タグ
    五輪
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント