23:46 2017年07月24日
東京+ 29°C
モスクワ+ 23°C
    クリル諸島

    クリル諸島の今後について、ロシア人への世論調査結果が発表

    © Sputnik/ Vladimir Fedorenko
    国際
    短縮 URL
    52430165

    ロシアでクリル諸島の帰属をめぐる世論調査の結果、ロシア国民の半数以上の53%がロシア領であり、ロシアに残るべきと考えていることが明らかになった。調査は全ロシア世論調査研究センターが実施した。

    同センターの発表によれば、「イトゥルプ、クナシル、シコタン、ハボマイの島々の帰属についての交渉について回答者の57%が「知っている」と答え、諸島の帰属を決める方法については53%が諸島はすでにロシアに帰属していたものであり、これからもそれは変わらないと答えた一方で、42%が交渉を継続し、相互に合意を図る必要性を支持している。」

    日本からの軍事脅威の可能性についての問いには58%の回答者がそうした危険性は存在しないと答えた一方で、危険性があると憂慮している回答者も37%いることがわかった。

    今回の世論調査は日本大使館のイニシアチブにより2016年3月16-30日の期間で実施されたもの。調査方法は電話によるもので、およそ3600人が参加した。 

    関連:

    クリル問題が初めて日露首脳会談のアジェンダから除外されたー政治学者
    プーチン大統領:ソ連は日本に2島返還の用意あったが拒否された
    タグ
    露日関係, 日本, ロシア, クリル諸島
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント