23:15 2019年12月06日
世界初の顔面移植手術を受けた女性がフランスで死亡

世界初の顔面移植手術を受けた女性がフランスで死亡

© Fotolia / edwardolive
国際
短縮 URL
0 13
でフォローする

世界で初めて顔面の組織の一部を移植する手術を受けたイザベル・ディノワールさんが今年夏にフランスで死亡していたことが分かった。49歳だった。6日、フィガロ紙が報じた。

フィガロ紙によると、ディノワールさんはここ数か月、深刻な健康上の問題を抱えていた。冬に移植した組織の一部の拒絶反応が起こった。またディノワールさんは2回がんと診断された。がんは拒絶反応を回避するために服用していた薬の成分によって引き起こされたものとみられている。

ディノワールさんは犬に襲われて顔面に大けがを負い、2005年11月27日にフランスの外科医バーナード・ドゥヴァシェル医師がアミアンで鼻、唇、顎の移植を行った。

なお先にマスコミは、70億人目の地球人の母親が死亡したと報じた。

関連:

米国でイチゴのスムージーが原因で50人以上がA型肝炎に感染
和歌山発砲事件の男、死亡
タグ
医療
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント