10:38 2020年10月22日
国際
短縮 URL
0 25
でフォローする

9月1日午前、米フロリダ州ケープカナベラルの発射台で、ロケット「ファルコン9」が燃料試験の準備中に爆発した。スペースX社によると、事故は燃料充填中に発生した。

スペースX社のイーロン・マスク最高経営責任者は、ファルコン9の爆発原因としてサボタージュの可能性を排除していない。なおスペースX社は、なんらかの説について調査終了前にコメントすることを拒否した。

ワシントン・ポスト紙によると、ロケットの発射台近くに、スペースX社のライバルであるユナイテッド・ローンチ・アライアンス社(ULA)が所有する建物がある。スペースX社は、この建物の屋根に奇妙な影などが映っている画像を入手している。ULAはスペースX社の職員が屋根にあがることを拒否し、その代わりに予審判事に依頼し、判事が現場を調査したが、ロケット爆発に関連している可能性があるものは何も見つからなかったという。

各紙によると、スペースX社とULAは巨額の防衛契約をめぐって戦う強力なライバル関係にある。

関連:

NASA、火星飛行用エンジンのテストに成功(動画)
米学者:エイリアン存在の可能性を特定
タグ
事件, 宇宙
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント