09:04 2017年03月25日
東京+ 4°C
モスクワ+ 1°C
    インターネットが米国の管理下を脱する

    インターネットが米国の管理下を脱する

    © Fotolia/ Gajus
    国際
    短縮 URL
    44591471

    米国当局は最重要な構造体の一つインターネットへの制御を失った。

    ドメイン名・IPベース管理会社(ICANN)と米商務省電気通信情報局(NTIA)の契約が1日、正式に満了した。

    これは米国当局が最重要な構造体の一つインターネットへの制御を完全に失い、管理権が国際的な公共団体に完全に移行したことを意味する。

    「これは歴史的な瞬間であり、インターネットの個別インジケーターの調整と管理が民間部門に移行したことを示す。これは1998年に開始されたプロセスだ」とICANN報告書。

    先に伝えられたところ、ハッカーが、検索エンジンやメールなどのインターネット関連のサービスを提供するYahooのユーザー5億人のデータを盗んでいたこと分かった。

    関連:

    グーグル、ユーチューブオフライン視聴のためのアプリ発表
    FBIもスノーデンも進言、ノートブックのウェブカメラはシールで隠せ
    タグ
    インターネット, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント

    全てのコメント

    • avatar
      catss4
      プーチン大統領の国産ソフト使用の呼びかけで、モスクワはMicrosoft Outlook使用を廃止

      ロシア首都の官庁は、アメリカ製ソフトウエアを、ロシア製代替品で置き換えることを計画している。その第一歩として、モスクワの官僚約6,000人が、企業電子メール・システムとして、Microsoft Outlookではなく、MyOffice Mailと呼ばれるものの使用を開始することになっている。

      20の著名なロシア機関が、組織的な作戦により、スパイ・マルウエアで攻撃された - 安全保障上の懸念から、ロシア当局が使用するコンピューターから外国ソフトを一掃するという考え方を、ウラジーミル・プーチン大統領は支持している。
      eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2016/10/microsoft-outlo.html
    新しいコメントを読む (0)