05:18 2017年12月14日
東京+ 3°C
モスクワ+ 2°C
    「ソユーズ」宇宙船

    NASA、ロシアの宇宙船の利用を拡大する計画

    © 写真: Sergey Volkov/ Roscosmos
    国際
    短縮 URL
    144

    NASAのISSプログラムを担当する部門で米国議会の不満が予想されるにもかかわらずロシアの「ソユーズ」宇宙船シリーズに追加のシートを購入することについて内部の議論を開始した。メディアが報じた。

    NASAは米国のボーイング社とSpaceX社が2018年の初めにかけて有人多数回使用宇宙船を開発する希望を残しているが、ボーイング社はスターライナープロジェクトがすでに生産期限に差し掛かっており、ロケットファルコン9 の先日の事故により、SpaceX社もドラゴン宇宙船の運用遅延は避けられないとしている。

    NASAはすでに2019年までロシアの支援を断れないようなさらなる遅れについても議論している。ISSに米国人飛行士を送りためのロシアとNASAの契約は2018年末に期限切れとなる。

    関連:

    スティーヴン・ホーキング博士 地球から去るよう呼びかける
    スペースX、火星移住計画を発表
    タグ
    宇宙, NASA, 米国, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント