18:58 2021年09月26日
国際
短縮 URL
2115
でフォローする

「インターネットのバットマン」としても知られる米ハッカー「ジェスター(道化師)」がロシア外務省のサイトをハッキングした。テレビ局CNNで報じられた。

ジャーナリストへのコメントにジェスターは、自らの行為をロシア政府への「警告」と呼んだ。これに先立ち米国は、同国国内問題に影響を与えようと試み、ハッキングをしたとしてロシアを1度ならず非難した。

サイトをハッキングした「インターネットのバットマン」は「もうやめろ。隣国をこき使い言いなりにすることはできるかもしれないが、これは米国だ。誰も感じ入ることはない」との声明を残した。

このように、ジェスターはサイバー空間での米国への攻撃を止めるよう呼びかけようとした。だがロシア政府は米データハッキングにいかなる関係も持っていないと一度ならず繰り返している。

関連:

ウィキリークス、クリントン陣営幹部の通信記録を新たに公開
ウィキリークス、米国サイトへの攻撃を停止するよう追随者らに呼びかけ
タグ
ロシア, ハッカー
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント