12:01 2018年09月21日
機密情報の公開サイト「ウィキリークス」の創始者ジュリアン・アサンジ

アサンジ氏の弁護士:同氏は米大統領選終了までネットなしに

© AP Photo / Kirsty Wigglesworth
国際
短縮 URL
2212

ロンドンのエクアドル大使館に避難している、ウィキリークスの創始者ジュリアン・アサンジ氏は、11月の米大統領選終了までインターネットへアクセスできない。アサンジ氏の弁護士メリンダ・テイラー氏がスプートニクに伝えた。

先週エクアドル政府は、2012年からアサンジ氏が滞在しているロンドンの大使館でインターネットの回線を制限したことを認めた。メディアは、アサンジ氏が米国の大統領選挙の妨害を目的とした、ロシア特殊部隊の作戦への自発的な参加者だと発表した米政府の養成によりこの決定は取られたと報道。アサンジ氏自身は、ウィキリークスとロシアの関係についての米政府の声明をバカげたものだと呼んだ。

アサンジ氏の支持者は次のように述べた。

「私が理解した限りでは、アサンジ氏には米大統領選終了までインターネットを使う機会はこない」

その支持者は、エクアドル政府の決定はウィキリークスや、サイト編集者としてのアサンジ氏の活動に害をもたらさないと付け加えた。

先に伝えられたところ、ウィキリークスのディレクターが死亡した。

関連:

アサンジ氏死亡説がネット上で拡大
ウィキリークス:Politicoの記者はクリントン氏のテキスト内容を打ち合わせた
タグ
ウィキリークス, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント