07:56 2020年08月06日
国際
短縮 URL
0 140
でフォローする

露連邦保安庁(FSB)は首都モスクワとサンクトペテルブルクでテロを防止した。

ロシア連邦保安庁(FSB)は12日、首都モスクワと第2の都市サンクトペテルブルクでテロを計画した疑いで、過激派組織「イスラム国」(IS)とつながりがあるとみられる中央アジア系の容疑者10人を拘束した。
捜査当局筋によると、爆発物と自動小銃などが押収され、ショッピングセンターのような「混雑した場所で爆発物を同時に起爆し、群衆に向けて乱射する計画だったとみられる」と伝えられている。容疑者らが昨年11月のパリ同時テロを模範し、攻撃を計画したそうだ。ロシースイカヤ・ガゼータ紙が報じた。

関連:

ロシア保安庁、パリのシナリオに沿ったテロがロシアで行われることを阻止
サンクトでの特別作戦で戦闘員3人拘束 住民の避難はなし
タグ
事件, テロ, ロシア連邦保安庁, サンクトペテルブルク, モスクワ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント