02:53 2019年12月16日
アルジェリア

アルジェリアのエネルギー相、原油価格は来年50─55ドル回復

© AP Photo / Anis Belghoul
国際
短縮 URL
0 23
でフォローする

イラン国営シャナ通信の報道によると、アルジェリア・エネルギー相のブテルファ氏はOPECによる日量110万バレルの削減とOPEC非加盟国による日量60万バレルの削減を提案しており、「OPEC加盟国が合意すれば、原油価格は来年50─55ドルに回復し、年末までには60ドルに達する」との見方を示している。

また、スプートニク通信がアルジェリアのエネルギー省に取材した情報によれば、アルジェリアとベネズエラの両国の担当大臣はアルジェリアで2国間交渉して、28日の月曜日にモスクワを訪れ、ロシアのノワク・エネルギー相と会談を予定している。

関連:

露中央銀行:原油価格1バレル=25ドルまでの下落は大惨事ではない
ゴールドマンサックスが原油価格の短期予測を発表
ノワク・エネルギー相:市場のバランスの観点からは50ドルという原油価格が最適
タグ
石油, OPEC, ベネズエラ, アルジェリア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント