01:12 2020年08月12日
国際
短縮 URL
0 10
でフォローする

2017年発売予定の次なるアップル社製スマートフォン(iPhone発売から10年目となる)は大幅な設計変更を受ける。iPhone 8ではフロントパネルだけでなく、金属フレームつきで固定された背面カバーもガラス製となる。

また、初めて3サイズ展開する。4.7および5.5インチスクリーンのモデルに加え、新たに5インチバージョンが出る。韓国のコリア・エコノミック・デイリー紙が内部情報として伝えたところでは、iPhone 8には新しいデュアルカメラモジュールが設置され、3D撮影が可能になる。

また、iPhone8は文字通り「空気を伝って」充電される可能性がある。電波干渉が発生しないガラスカバーでそうした充電がスピードアップするのだという。

関連:

iPhoneを「殺す」動画がネット上に登場
iPhoneに秘密機能を発見
タグ
テクノ, iPhone, Apple, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント