04:33 2018年11月19日
T-14「アルマタ」

なぜ欧州はロシアの「アルマータ」戦車を恐れるのか?

© Sputnik / Iliya Pitalev
国際
短縮 URL
0 728

ドイツ報道各社の報道によると、アルマータ共通戦闘プラットフォームを基にしたロシアの新型戦車T-14に、西側諸国は不意をつかれた。NATO加盟諸国はあまりに長く戦車戦に参加しなかったため、この種の部隊を改良していなかった。結果、西側諸国は戦車製造においてロシアに追いつく努力をするはめになった。

ドイツのマスコミは、最近公開された英国防省の報告書が、新型装軌車プラットフォーム「アルマータ」を前に「恐怖に満ちていた」と報じる。さらに、ロシア軍の計画には、T-14戦車を随伴する特殊な戦闘無人機開発がある。

しかし、ハイテク現代兵器製造におけるロシアの成功を脅威として捉えるのは賢明ではない。ロシアの政治的発展の優先順位の1つは、他国との対話確立だ。他国との共同作戦の主な目的の1つは、「ダーイシュ(イスラム国、IS)」を始めとするテロとの戦いにおいて力を合わせることにある。

先に、新型兵器開発の際に考慮する必要があるのは何だとプーチン大統領は考えているかが報じられた。

関連:

英国軍諜報、ロシア戦車「アルマータ」を戦車製造の革命と呼ぶ
NATOはロシアとの建設的な関係を目指している―NATO事務総長
タグ
アルマータ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント