20:00 2017年11月22日
東京+ 9°C
モスクワ0°C
    The logo of Samsung Electronic is seen at its headquarters in Seoul, South Korea, in this file photo taken on April 4, 2016.

    次期ギャラクシーS8、前面全てスクリーン

    © REUTERS/ Kim Hong-Ji/
    国際
    短縮 URL
    0 86612

    ブルームバーグによれは、韓国のサムスン電子は、来年投入する新型スマートフォン「ギャラクシーS8」の表面全てをスクリーンにし、固定のホームボタンを廃止する。

    また、詳細は非公開だとして関係者が匿名を条件に述べたところによれば、スクリーンをはめる枠を小さくしたディスプレーで、より迫力のある画像・映像が提供できるようになり、ガラススクリーンの下部にはタッチセンサー式のホームボタンが組み込まれる予定。
    新型スマホは、有機EL技術を活用した曲面ディスプレーのみの採用になるとも関係者は説明。発売は3月を目指すが、サムスンはノート7が起こした爆発事件で神経質になったため、4月まで後ずれする可能性もあるという。サムスン電子はコメントを控えた。

    関連:

    iPhone 8には3Dカメラとワイヤレス充電機能が搭載される
    韓国 爆発の危険性によりGalaxyNote7の所有者およそ50パーセントが交換
    タグ
    サムスン, 韓国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント