08:48 2019年11月18日
原油

NY原油、52ドル台に

© REUTERS / Stefan Wermuth
国際
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

週明け12日のニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物相場は、石油輸出国機構(OPEC)と非加盟国の協調減産合意を受けて1バレル52ドル台に急伸した。

それを受け、ダウ工業株30種平均が6営業日連続で史上最高値を更新した。

原油市場では、主要産油国の協調減産で世界的な供給過剰が解消に向かうとの期待が広がり、米国産標準油種WTIの清算値(終値に相当)は前週末比1.33ドル(2.6%)高の52.83ドルと、約1年5カ月ぶりの高値を付けた。

株式市場では、原油高を材料にエクソンモービルやシェブロンなどエネルギー関連株が買い進まれ、ダウは39.58ドル高の1万9796.43ドルで引けた。時事通信が報じた。

関連:

国際石油価格、採掘量制限を背景に安定した上昇
原油 4%超上昇
タグ
石油, OPEC, ニューヨーク, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント