09:34 2017年12月12日
東京+ 4°C
モスクワ+ 0°C
    露日会談初日:パイプライン「サハリンー北海道」建設プロジェクトへの相互的関心

    露日会談初日:パイプライン「サハリンー北海道」建設プロジェクトへの相互的関心

    © REUTERS/ Toru Hanai
    国際
    短縮 URL
    プーチン大統領訪日の結果 (51)
    0 83

    露日首脳会談初日の結果の1つになったのは、ガスパイプライン「サハリンー北海道」建設と2国間経済関係発展に対する相互的関心があることが確認されたことだ。

    15日行われた会談にはロシアのアレクサンドル・ガルシカ極東発展相が出席した。

    パイプライン計画ではパイプラインの地表部分をサハリンから北海道の稚内港まで敷設し、その後東京湾まで延長する方向。

    極東発展省の発表でもまた、プーチン大統領がロシア・アムール州にあるアムール・ガス精製工場建設に参加するよう日本の投資家たちに提案したとある。

    さらに安倍首相は、ウラジオストクでの都市環境整備に対する日本側の関心を確認した。先に、8項目の2国間経済協力プランの項目の1つは、居心地がいい活発な人生を保障する、快適でクリーンな環境開発を目的とした都市開発だと報じられた。

    プレスサービスによると、双方ともハバロフスク国際空港整備に日本企業が参加することを歓迎した。また、沿海地方で日本企業「飯田グループホールディングス」による木材加工と木造建築発展分野におけるプロジェクトの実現化が支持される。

    ロシア側の提案により、日本の投資家は伐採木材の加工プロジェクトと加工度への予定投資額を増やした」と発表には書かれている。

    先進発展特区における温室施設建設に関する露日合同プロジェクトの今後の発展が維持された。現在、極東発展省はアムール州にある先進発展特区「スヴァボードネンスカヤ」設立問題を検討している。同特区ではプロジェクトの投資家たちに大幅な優遇措置と免除が与えられる。

    プーチン大統領は会談で、1967年から2010年にかけて存在して、うまく機能していた露日の地域首脳会談のフォーマットで作業を再開するよう提案した。

    安倍首相は一方、2017年9月6日、7日にウラジオストクで開催される第3回東方経済フォーラム出席の希望を確認した。

    トピック
    プーチン大統領訪日の結果 (51)

    関連:

    露日の友情は霊感の源。ロシアとウクライナの音楽家が東京で露日首脳会談に用意した曲を初披露へ
    プーチン・安倍両首脳 長門の夜空を背景に率直な意見交換
    タグ
    露日関係, ウラジーミル・プーチン, 安倍晋三, ロシア, 日本
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント