05:50 2017年12月12日
東京+ 5°C
モスクワ+ 1°C
    プーチン大統領、パルミラで進行中の事態の原因を指摘

    プーチン大統領、パルミラで進行中の事態の原因を指摘

    © AP Photo/ Ron Van Oers
    国際
    短縮 URL
    0 131

    ロシア大統領はテロリストとの戦いで力を合わせることの必要性を訴えた。

    「パルミラで進行中の事態はいわゆる国際有志連合、シリア当局とロシアの間の非協調的行動の結果である」。プーチン大統領が安倍首相との会談後の記者会見で語った。

    プーチン氏によると、「私は、テロとの闘いを効果的に遂行するためには力を合わせることが必要であると何度も言ってきた」。

    また露日は原子力エネルギー平和利用協力についても覚書を交わしている。

    関連:

    アレッポ東部から一昼夜で6400人が流出
    シリア的捏造:誰が、いかに、何のためにシリア紛争について偽情報を流しているのか?
    タグ
    ロシア, シリア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント