05:56 2018年09月24日
バイエルン州当局 「マインカンプ」を学校のカリキュラムに含めるよう提案

ヒトラーの『我が闘争』再出版 ベストセラーに-マスコミ

© REUTERS / Fabrizio Bensch
国際
短縮 URL
0 26

アドルフ・ヒトラーの著書『我が闘争』は、歴史の中で最も危険な書籍の一つとして考えられていた。ヒトラーが政権を握る前に書かれた同書籍は、第2次世界大戦終結後70年にわたって多くの国で出版が禁止されていた。しかし2016年にドイツで再出版され、独紙Tagesspiegelによると、ベストセラーとなった。

『我が闘争』を再出版したミュンヘンの現代史研究所の職員たちは、これほど人気が出るとは予想していなかったという。当初準備されたのは4000部だったが、現在第6版の発売が準備されており、販売部数は8万5000部に達した。35週にわたってドイツでベストセラー入りしたという。またフランス語と英語での出版も計画されているほか、ドイツの学校で同書籍を学ぶことも検討されているという。ロシアでは『我が闘争』は過激な本のリストに含まれており、再出版することはできない。

なお再出版された『我が闘争』には、歴史家たちの3000以上の注釈が付けられている。
ヒトラーは1924年に『我が闘争』を執筆した。ヒトラーは書籍の中で国家社会主義思想を述べた。初版が世に出たのは1925年、その8年後、ヒトラーが政権を握った後には読むことが義務付けられ、ドイツで最も発行部数の多い書籍となった。

関連:

ホロコーストの象徴のアウシュビッツ跡地の訪問者数、2016年に過去最多
タグ
ドイツ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント