22:56 2017年11月18日
東京+ 9°C
モスクワ+ 3°C
    RT、スプートニクのマルガリータ・シモニヤン編集長

    米情報機関、「ロシアの介入」報告書にRT、スプートニク編集長の描かれた風刺画を入れる 【写真】

    © Sputnik/ Iliya Pitalev
    国際
    短縮 URL
    31955131

    米情報機関が公開した報告書は、米選挙へのロシアの「介入の証拠」として、スプートニクとRTテレビのマルガリータ・シモニヤン編集長が描かれた、2011年の風刺画を挙げている。

    風刺画では、米ホワイトハウスをまたぐシモニヤン編集長が描かれている。この絵は、シモニヤン編集長が2011年に「REN-TV」で行ったテレビ番組のオープニング映像として用いられた。

    米情報機関を統括するジェームズ・クラッパー国家情報長官は5日、上院の公聴会で証言し、反米国に向けられていると氏が考えるRTテレビの活動に深い懸念を示した。

    米情報機関の報告書
    米情報機関の報告書

    トランプ次期大統領はロシアに対する非難は牽強付会だとし、トランプ氏の政敵である民主党員らがこの非難を用いて選挙結果に疑問を呈し、選挙敗北の責任を免れようとしていると述べた。

    関連:

    アサンジ氏、オバマ政権のロシア攻撃の理由を明らかに
    トランプ氏が対露制裁解除しても米議員らが阻止か?
    タグ
    露米関係, ハッカー, 米国, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント