00:16 2018年08月21日
アサンジ氏

アサンジ氏が住む部屋を再現したコピーがパリの展示会にお目見え 【写真】

© Sputnik .
国際
短縮 URL
0 23

内部告発サイトWikiLeaksの創設者ジュリアン・アサンジ氏が住む、ロンドンのエクアドル大使館内の部屋が正確にコピー再現され、パリで開かれている展示会Lanceurs d'alerte(情報提供者)」で一般に披露され話題を集めている。新聞20minutes.が報じた。

報道によれば、部屋のインテリアは、2013年にアサンジ氏のもとを訪れた芸術家グループMediengruppe Bitnikの参加者の記憶をもとに「最も細かい部分に至るまで」正確に再現された。

「再現ルーム」では、いくつかのコンピューター、文書類、およそ10の携帯電話、孫子の兵法の本、空のコップやジョギングマシンなどを目にすることができる。また部屋の再現に取り組んだアーチスト達は、展示会を訪れた人達が、Google Mapsに接続した際、パリではなくロンドンのエクアドル大使館にいるような形にWi-Fiを設定した。

関連:

アサンジ氏、自分の生存を証明する方法を考案
アサンジ氏、オバマ政権のロシア攻撃の理由を明らかに
タグ
ジュリアン・アサンジ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント