18:31 2018年07月17日
イングリッシュ首相、米国抜きのTPPを可能に

イングリッシュ首相、米国抜きのTPPを可能に

© AFP 2018 / Marty Melville
国際
短縮 URL
31466

ニュージーランドのイングリッシュ首相は23日のラジオ番組で、トランプ米政権による環太平洋連携協定(TPP)離脱表明に対し「TPPが死んだとは思っていない」と強調した。

「代替案に取り組んでいる」とも述べ、米国抜きのTPPの可能性などについて各国と協議していく考えを示した。

オーストラリアのチオボー貿易・投資相も同様の考えを示している。

共同通信によると、イングリッシュ氏は、中国を含む東アジア地域包括的経済連携(RCEP)などを念頭に、他の通商協定がTPPに完全に取って代わることはできないとの認識を示唆。「日本経済の大きさ」にも言及しながら、部分的にでもTPPを実現させたいとの考えを示した。

関連:

米国はTPPを離脱、NAFTAも離脱の可能性、米新政権が明らかに
タグ
TPP, ニュージーランド
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント