12:02 2018年09月21日
14億件以上のメールアドレスを含むスパムデータベースがネット上に流出

14億件以上のメールアドレスを含むスパムデータベースがネット上に流出

© Fotolia / Tomasz Zajda
国際
短縮 URL
109

14億件以上のメールアドレスがネット上に流出した。

情報セキュリティー分野の専門家で、MacKeeper社の職員のクリス・ビッケリー氏は、巨大なアーカイブにはユーザーの実際の名前、住所、IPアドレスが含まれていると伝えた。

情報はネットワークマーケティングに携わる米企業River City Mediaのミスにより漏洩したが、実際には数百万件のスパムメールが送信されているという。

ビッケリー氏はある調査の過程で、チャットログ、電子メール、広告メール配信の最大規模のデータベースを含むパスワードロックがかかっていないRCMのアーカイブを偶然発見した。

ビッケリー氏は「彼らは自分たちの電子メールアドレスを非表示にするための膨大な量のソフトウェアを開発した。これにより彼らは自分たちを一般人にみせかけてアドレスをすり替えることができるようになった」と述べた。

ビッケリー氏は、RCMが2200件以上のIPアドレスを使用し、ナイキ、ジレット 、ヴィクトリアズシークレットなどのブランドがそのサービスを利用したと強調した。

先の報道では、7日、ウィキリークスは米中央情報局(CIA)に関する「流出した」一連の資料の公開を始めた。資料のコード名は「Vault 7」。

タグ
インターネット, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント