19:16 2017年03月23日
東京+ 12°C
モスクワ+ 8°C
    ウェブの生みの親が語る、将来のウェブを脅かす3つのもの

    ウェブの生みの親が語る、将来のウェブを脅かす3つのもの

    © 写真: Pixabay
    国際
    短縮 URL
    335341

    英国の計算機科学者であり、ワールドワイドウェブの考案者の1人、ティム・バーナーズ=リー氏がウェブの発展を阻害する主な脅威3つを語った。

    スプートニク日本

    「インターネットの父」はその3つとは、個人情報のコントロール喪失、誤った情報の拡散、政治広告の不透明さだと述べた。サイト「Quartz」が報じた。

    リー氏によると、政府はインターネットにおける私たちの一歩一歩に対する監視を強めており、プライバシーに対する私たちの権利を侵害する極めて過激な法を取っている。政府自国民のための最良の意図によって導かれていると考えられている国でさえ、総監視はあらゆる境界を超える。

    さらに、誤解を招く情報の拡散も問題だ。フェイクニュース拡散者は財政的、政治的利得を得ており、利用者の好みを知っているソーシャルメディアサイトや検索システムは、利用者がクリックしたくなるようなリンクを示す。そのことによって、利用者は自身に関心のあるページしか目にしないようになる可能性がある。

    タグ
    インターネット
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント

    全てのコメント

    • avatar
      brains
      流石に「インターネットの父」はウェブの将来性に対して率直に正しく脅威を語っている。
      現状を分析すればウェブは既に犯罪レベルを超えてしまった。犯罪の道具となっている。
    • avatar
      HopeRJ
      インター+ネット...じたいが、元々軍事開発で生まれたんでしょ? 軍内の機密連絡 通信手段として。

      機密の管理性は→1対1の通信環境内が望ましいが (デジタル回線では電磁的にハッキングされる可能性高まるので現代では難儀)
      データ送信 *量 に限界あるから→ネット構築を=バケツリレーx 蜘蛛の巣 x 地域的 (国民に少しずつ ネットを開放) x 国 → 世界に増やしてった。

      軍事 ↑ と+バケツ ポイント リレー構築されてる時点で=戦略 利用も入ってると認識 が必修=誘導もあり+ユーザーデータ収集.....+広告活用(料金≒経済活性)..。

      インターネットは、今じゃ必要+便利だけどね。
      金かけて構築した物を 国民に開放する≒支配側が多様に利用できると考えたから。
      米国CIAの盗聴が有って当たり前と同様に、ネットでも作為的誘導あり+個人データー収集も監視 されてるであろう の上で→ 使って 自分で活用点が多ければ良し+注意しながら? ネットする と割り切るしかない。
      --------
      ただネット=グローバル外国で、法的なポリシーが優先される。ので
      個人情報ポリシーに反してると該当してる場合等は→その企業やサイト管理者に訴えや要望は伝える等できる。
      ★作為的や、あまりにも反してる場合は ←▲意思表示しないと(外国なので=ネット環境)、事象がエスカレート後では損害も大きくなる可能性も懸念。
      ---------
      しかし.. 昨今の「報道局」発信の 誘導 先行 ニュースの多さは、作為+悪意な傾向。ワイドーショーを発信したいなら→ 報道局という看板を解除して茶の間の話題だけやってれば良い!
      株じゃないけど ↑ ユーザーからの 信用性ランキング リストで→色分け看板にすれば良いのに !? ...←そしたら又そこに金融マフィアの手下が入ってきて作為操作するだろうけど。鼬ごっこやね 影でコソコソがキモイ奴等~
    • unimaro unimaro
      監視対策=できるだけ使わず、使うならネカフェなど多用できる場合はそれを。カードなど極力使わない。個人情報を機械やサイトに登録しない、スマホ使わずガラケーネット不可に。
      などですかね?

      流言飛語対策=嘘や事実を見分ける力を自分で磨くだけですな。難しくはない。努力を続ければ10年もあればできるでしょ。
      検索システムうざい、私の「範囲」は広大なのでそんな矮小にまとめられても。いくつものを数か月順で使いまわししているが、まともなブラウザほしいなぁw


      「嘘」については、嘘を信じ振り回されている馬鹿どもが「事実」を嘘だと思い込むのが問題。馬鹿になればなるほど嘘を信じ込む。
      長期的視点では「国民を馬鹿にならせない」ことが重要だと。
      脳は「成長速度の違いが大きいだけで、最優的能力に違いはない」から、やり方しだい。
    新しいコメントを読む (0)