00:48 2018年09月20日
インド 空母からの新型対空ミサイル発射実験に成功

インド 空母からの新型対空ミサイル発射実験に成功

© Wikipedia / U.S. Navy photo by Photographer’s Mate 3rd Class Shannon E. Renfroe
国際
短縮 URL
0 61

インド海軍は、空母「ヴィクラマーディティヤ」上に装備した対空ミサイル・システム「バラク(Barak)」の初の発射実験を行い、これを成功させた。新聞Hinduが、海軍筋の情報を引用して伝えた。

インド ギネスブックで世界最古の空母と認定された「ヴィラート」退役
© Wikipedia / U.S. Navy photo by Photographer’s Mate 3rd Class Shannon E. Renfroe
スプートニク日本

インド海軍の匿名の将校が述べたところでは「アラビア海で実施された発射実験の際、ミサイルは低空を高速で移動する実際の標的を攻撃、これを成功裏に迎撃し殲滅させた」。

インド海軍は当初から「バラク」を空母に据え付ける計画だったが、開発が遅れ、実現は今日まで伸びていた。これまでの3年間、空母は、対空防衛システムを搭載した軍艦の護衛を得て移動してきた。

なお発射実験は、インド海軍西部司令部の戦闘準備態勢定期点検の枠内で行われた。

先に、インドは、最新の第5世代戦闘機(FGFA)に関するロシアとの共同作業に同意したが、ロシアがインドに専門家の技術をすべて提供した場合にのみ作業を続けるとの条件を提示した。

タグ
武器・兵器, インド
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント